肌が若返る

プラセンタは「胎盤」のこと?

プラセンタは動物性・植物性・ヒトとわかれており、それぞれの使用されている胎盤は異なります。
その中でも一番多く使われているのが動物性のもので、豚や馬などの哺乳動物の胎盤から抽出されたエキスを使用しています。
これらは化粧品や健康食品に多く使われており一番ポピュラーです。

植物性も同様ですが、植物に胎盤があるわけではありませんので本来の意味からするとプラセンタの部類に含まれることに疑問が残ります。
植物性には他のプラセンタと似た性質な為に含まれていますが、実際は胎盤から抽出してるわけではありません。
この他に海洋性プラセンタも同様です。

ヒトプラセンタは人間の胎盤から抽出されており、主に注射薬として使用されています。
これらは医療機関での摂取となり個人的に使うことはできません。
胎盤には胎児が母親の体内にいる10カ月間でひとつの受精卵を3キロ前後の人間へと育てあげるだけのあらゆる栄養が含まれているわけです。
この胎盤から抽出しているのですから、その豊富な栄養素と栄養価の高さから、高い効果が期待できるのも納得できるというわけなのです。
植物性や海洋性を除いてプラセンタは胎盤であり、そこから抽出されたエキスをプラセンタエキスと呼んでいるのです。

このページの先頭へ