肌が若返る

プラセンタには精神安定作用も!

精神が不安定になる原因は主にホルモンバランスの乱れや自律神経のバランスの乱れにより起こります。
女性の代表的な悩みとして多いのが更年期障害や生理前症候群であるPMSによる精神不安です。
イライラする、気分が沈む、不安感が募るといったような不安定な症状が発症します。

これらには女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」が深くかかわっているのです。
また、精神を安定させる神経伝物質である「セロトニン」という物質は感情を生み出すドーパミンや不安を生み出すノルアドレナリンをコントロールしています。
このエストロゲンの分泌が減少することでセロトニンも共に減少しドーパミンやノルアドレナリンを正常にコントロールできなくなり不安定な精神状態になってしまうのです。

プラセンタのホルモン調節作用によりこれらのホルモンバランスを正常に戻すことで精神を安定させることができると言われています。
また、睡眠不足などにより、自律神経が乱れることで起こる自律神経の乱れも同様に正常に戻すことが可能です。
自律神経は心と深い関係にあり、精神を緊張させる役割の交感神経と精神をリラックスさせる役割の副交感神経のふたつがあります。

この二つのバランスが乱れることでイライラしたり無気力な状態がおこります。
プラセンタはこのふたつの交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれるのです。
このようにプラセンタは精神安定に役立つ素晴らしい作用http://xn--c-tfum8g1dtc.com/37.htmlをもっているのです。
また、プラセンタ注射についても書いてありますので、こちらも是非ご覧ください。

このページの先頭へ