肌が若返る

プラセンタで更年期障害の症状改善

主に40~50代にかけて多くの女性に起こるといわれる更年期障害ですが、これらの症状にはホットフラッシュ、頭痛やめまい、ほてりやのぼせ
不安感や不眠、イラつきなど様々な商法が起こります。
これらはホルモンバランスの乱れやエストロゲンの減少により引き起こします。

卵巣機能の低下により女性ホルモンのエストロゲンが減少し、さらに自律神経のホルモンバランスも崩れていき更年期障害になります。
更年期障害は様々な症状を引き起こしますが、これらの症状は本人にしかわからない事が多くあり、一人で辛い思いを抱えてしまう方も多くいます。
症状にも個人差があるため、軽く済む方もいれば、外にでることさえ辛くなる方もいるのです。

プラセンタのホルモン調整をする作用自律神経の調整作用で、これらの辛い更年期障害の症状に効果的なのです。
主にメルスモンというヒト由来のプラセンタを注射することで症状の緩和が可能です。
メルスモンは加齢によって低下した卵巣の働きを活性化してくれる効果あり、女性ホルモンのバランスを整えることで自律神経のバランスも同時に整えるので改善することができます。
更年期障害の治療では保険が適用されますが、クリニックによっては適用外となっているところもあるので事前に確認しておくとよいでしょう。

このページの先頭へ