肌が若返る

プラセンタの安全性

プラセンタ摂取にはサプリメント注射などの方法があり、体内に成分を入れることで安全性は大丈夫なのかと不安になる方もいるでしょう。
そして動物性の胎盤から抽出されたエキスということですので感染症や副作用と言う点で危険を感じる方もいるようです。
プラセンタの安全性とし懸念されることがあるのは病原体に対するリスクと副作用に対するリスクが考えられます。

動物性プラセンタを使用する場合、感染症などを心配される方がいますが、プラセンタは生物由来ですのでその可能性はゼロではありませんが、確率的には非常に低いといえます。
プラセンタに使用させる動物には菌などの感染を防ぐために徹底管理のもとで育成させていますし、サプリメントなどにする工程では必ず殺菌処理がされていますので、リスクはかなり低いのです。
心配される方は国産のSPF豚を原料としているものやサラブレッド馬などを原料としたものを選ぶとよいでしょう。

これらは飼育環境、餌など厳しい管理のもとで飼育されている他、有効成分も非常に高いので安全性の面でも効果の面でも優れているのです。
また動物性プラセンタにおいては、更なる安全性が考慮されており、狂牛病などの危険から牛や羊などの使用は禁止されています。
次に副作用リスクですが、ごく一部の人に痒みや赤みといった副作用がでることがありますが、これらの多くは必要以上にプラセンタを過剰摂取したことで表れる症状といわれていますので、適切な量の摂取ではほとんど可能性はありません。
プラセンタがここまで注目されているのには、このような安全性の面でも優れているからといえるのです。

このページの先頭へ