肌が若返る

アトピー性皮膚炎に効くプラセンタ

アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー体質の改善にプラセンタが効果的とされ注目されています。
プラセンタの抗炎症作用と抗アレルギー作用が働くことのより痒みを感じさせない環境をつくれるのです。
本来アトピー性皮膚炎の治療というとステロイド剤の外用薬が処方されます。

ステロイド剤はアトピーに対する効き目は高くなりますが、リスクもあり長く使用することで皮膚がはがれやすくなったり感染症になりやすいといわれています。
プラセンタに含まれる成長因子のFGF(繊維芽細胞増殖因子)とEGF(表皮細胞増殖因子)が皮膚を再生させることができるのです。
この成長因子は肌に欠かせないもので、コラーゲンを作り出す細胞を刺激したり、肌表面に作用しターンオーバーを促進したりする働きがあります。

また炎症を繰り返したことのよって黒ずんだ肌を元の肌色へ戻すことが可能なのです。
しかし、現在、アトピー治療でのプラセンタ注射は保険が適用されていませんので費用がそれなりに負担になります。
最近では皮膚科でのプラセンタ注射の取り扱いも増えてきていますが、どちらかというとまだ美容整形外科で扱っているところが多くなっています。
また、アトピーの症状が酷い場合には先に落ち着かせることが先決になります。
症状によっては受けられないこともありますので担当医師に相談の上行ってください。

このページの先頭へ